フォトアルバム

2020年4月 4日 (土)

前商野球部河川敷練習場

利根川の河川敷に前橋商業高校野球部の練習場がありました。サイクリングロードを通ると練習を見ることができました。でも何年かに一度、台風の増水で被害に遭っていました。
でも、先日この練習場の物置やら雨天投球練習場が取り壊されていたのです。老朽化したので改修するのかなあと思っていたのですが、どうやら完全撤退のよう。ビックリです。
すると南高校のすぐ近くに前商野球部の新しい練習場がありました。いつの間に!

2020年3月29日 (日)

突然の閉店

大好きだったラーメン屋が突然店を閉めてしまいました。
その店は17号沿いの「珍満」
学生の時にはもうあったから相当前からあったんだろうなあ。
ラーメン屋と言ってもここでいただくのはほとんどご飯もの。炒飯なんか最高。天津飯も好きだったなあ。
美味しい炒飯が食べられる店が欲しいなあ。

2020年3月15日 (日)

早起き散歩は三文の徳

早起き散歩は三文の徳 早起き散歩は三文の徳 早起きして犬の散歩に出かけました。
休みの日の散歩はちょっと距離を稼ぎます。今日は約11km。前の日、山に雪が降ったようで、綺麗な景色を楽しまれていただきました。

2019年11月 3日 (日)

ぐんまマラソン

ぐんまマラソンに出場してきました。

家を出たのは8時半頃。いつもは自転車で行くのですが、自転車だとフルマラソンの出発を避けなければならないので、今日は徒歩&軽ジョギングで準備運動。

おかげでフルマラソンのスタートを観戦できました。

と言うことで、準備運動もそれほど必要とせず、荷物を預けてすぐにスタート位置に到着することができました。

今回のスタートはBグループ。その中でも、前の方に位置することができたのです。

これだけ前の方だと、前半だけ速い私にとってBESTポジションなのです。

 

 

スタートの号砲が鳴りました。一斉にスタート。

やっぱりこの位置のスタートがいいみたい。ずっと周りのペースですすんでいくことができました。

今回はガーミンウォッチがあったので、1km毎のラップタイムがリアルタイムで表示されたのです。それを励みにすることができたのです。

最初の頃は1kmで5分30秒ほど。もうちょっと速く走りたいが、まあこのまま行けば久しぶりに一時間を切れるかも……。

後半は、いつもペースダウンになり、次々抜かされていくのですが、今回は、それほどではありませんでした。このままだと、一時間切れるかも……、と、余計に頑張れる気持ちが湧いてきました。

やっぱり楽しかったです。

2019年10月19日 (土)

八ッ場ダム

八ッ場ダムが完成し、いよいよ試験的に水を貯めはじめるという報道がありました。

本当に長い道のりでした。

思い起こせば子どもの頃、親父の実家(六合村)に遊びに行く時、いつもいつも「八ッ場ダム反対」の看板が気になっていました。

親父からの説明を受け、理解はできたつもりでした。

 

 

いよいよGOサインが出た後も一騒動あり、地域の方々は、本当に大変だったと思います。

 

 

ちょうど、六合村生活の時期に、工事のピークがありました。

バイパス工事があったり、新しい橋が何本もできたり、新しい川原湯温泉街が作られたり、JRが新しい線路を引いたりと、道を通る毎に変化していきました。

その後、ダム本体工事が進められ、度々その様子が新聞で紹介されていました。

 

 

そして、いよいよ完成の報道。まずは、試験的に水を貯めはじめると……。

その試験に合格したら、いよいよ水を貯めはじめるんだなあと思っていました。

水を貯めはじめても、少しずつ水が貯まっていくので、満水になるまでには、何年もかかると聞いていました。

毎日少しずつ水が貯まっていきながら、自分の住んでいた家や道が水の中に沈んでいくのを見ながら、本当に長かった完成までの道程を顧みていくのかなあと思っていました。

 

 

しかし、先日の台風19号の豪雨で、一気に満水になってしまったという報道がありました。

本当に驚きました。満水までに何年もかかると言われていたのに、たったの一日で満水になってしまうんだから……。いかにすごい量の雨が降ったのかが分かります。

八ッ場ダムのお陰で、利根川水系では川の決壊がなかったのではないかというような報道もありました。

 

 

八ッ場ダムを見に行ってきました。

Dsc_1297実際に見てみると、確かにすごい量の水でした。

 

これだけたくさんの水が、一気に貯まってしまったということは、本当にすごい量の雨が降ったということがわかります。

そして、この量の水が流れていたらと考えると……。

 

 

親父にも報告に行こう!!

2019年9月29日 (日)

赤城ヒルクライム

赤城ヒルクライム参戦してきました。

昨年は、台風の影響で、中止になってしまいましたから、本当に久しぶりの参戦です。

前日の運動会も無事実施となり、心置きなく参加できることとなりました。

Img_9363 

 

 

 

 

 

記録は??今回も目標達成ならずでしたが、やっぱり超気持ちいいレースでした。

(いいえ、「レース」と呼べるような走りではないですね。)

Img_9435練習ではいつも箕輪の駐車場までなのですが、今回は、そこまでの練習も2回くらいしか行けませんでした。

それでも、ものすごく気持ちよく漕いでいくことができました。

大沼周辺でも20゜と暖かく、2年ぶりの大会を楽しみました。

2019年8月26日 (月)

望郷ラインセンチュリーライド

望郷ラインセンチュリーライドに行ってきました。

去年は、猛暑のために途中棄権。

今年こそはリベンジを!!

出発したのは5時20分。到着が6時ちょっと過ぎでしたから、ちょうど良かったかな。(5時半でもいいかも)

Cimg1017_2

ゼッケン番号が300番台ですから、まあまあ早い出走でしたから、それほどの待ち時間はありませんでした。なるべく早い受付がいいですね。

とても順調でしたが、そのかげには、やはり去年の屈辱があり、常に心配ではありました。

 

コースは、もうこれで何回目になるんだろうか、何度か走っているコースなので、だいたいの起伏は理解していたつもりで、ちょっとだけ安心しながら走ることができました。

Cimg1021

3時間47分で折り返し地点ゴール。何とか自転車を降りることなくゴールできました。

去年は復路で完全にダウンしてしまい、たくさん休み、たくさん歩きました。

今年は、確かにキツい所もありましたが、何とか自転車を降り

ることなく進めていくことができました。

しかし、これって熱中症??と思われるような吐き気に襲われました。

エイドステーションで振る舞われているものをいただいたら吐くんじゃないかなあと思いました。

それなので、せっかくのエイドステーションで何も食べることはできませんでした。

「猛暑」ではないけど、それでも気温は高め。少しずつ体力が奪われていきました。

欲するのは水ばかり。エイドステーションで水を満タンにしてもらい、次に挑んでいきました。

さあ、一番キツい最後の坂。ここがクリアできれば完走です。

もう少しで給水所!!ガンバレガンバレと自分にむち打ちゆっくりながら、前に進んでいきました。しかし、なかなか給水所が出てきません。そこで力尽きました。とうとう自転車を降り、歩き出してしまいました。

給水所手前500mでした。

それでも、そこからの2.5kmは、何とか頑張ることができました。あとは、ほぼ下るだけ。

途中の早起き村エイドステーションでは、トウモロコシなどの美味しいおもてなしがあるのだけど、どうせ食べられないと通過。何とかゴールできました。4時間24分でした。

過酷なレースでした。帰ったら、筋肉痛のような症状。今まで自転車競技では筋肉痛なんてものに一度もならなかったのに。

2019年8月20日 (火)

尾瀬ヶ原散策

近所にお住まいのお友だちは夫婦揃って県外出身。群馬に来たんだから、是非とも尾瀬に行きたいと申しておりました。

いつもお世話になっているので、と言うことで、案内することになりました。

と言っても、自分でも、尾瀬に行ったのは極僅か。自分でも、いつかまた行きたいと常々思っていたところでそんな話。二つ返事で尾瀬行きを決めました。

6時半のバスがあるので、4時半に出れば間に合うだろうと、迎えに来てもらいました。

駐車場に6時頃到着。バス出発まで余裕だなあと思っていたら、タクシーが次々出ているとのこと。早速それに乗り、鳩待峠に。

トイレを済ませ、早速出発しました。

何年ぶりの尾瀬になるのかなあ。尾瀬ヶ原は、ただただ歩いているだけじゃないの‥‥なんて言うけど、Photoやっぱり尾瀬ヶ原、いいです。

往復約20km。誘っていただきありがとうございました。

秋の紅葉時期もどこか行きましょう。

2019年8月14日 (水)

北海道旅行⑤

令和元年8月13日(火)~14日(水)

  夜遅かったのにもかかわらず、またまた早起き。ま、健康的ということで……。娘も、寝るのが遅かったので、ちょっと遅めの出発でも仕方ないと思いました。でも、今日も、超長距離の運転ですから、なるべくゆとりを持って出発したいと思いました。

  結局は8時を過ぎていたかなあ。
  今日の楽しみは、オロロンラインの連続風車。20基くらい並ぶ風車が回っている景色は圧巻だろうなあと思うのです。
  しかし、残念ながら、その道が選ばれることはなかったのです。遠くに見えたので、これからそこを通るのかなあと思いきや、すでに遠いところを通過していたのでした。

  あとは、海を見たりして楽しむしかありません。でも、残念ながら、天気がそれほど良くなかったので、利尻富士などは全く見ることはできませんでした。

  今日も、ただただ車を走らせた一日でした。遅い出発だったので、途中でゆっくりとお昼を食べることもできず、トイレ休憩だけでした。

  やっとの思いで小樽に着きました。朝ごはんをどうする?と言うことになりましたが、フェリーの中の食堂はそれほど期待できないというので、コンビニで準備することになりました。

  やっぱり、稚内出発が遅くなったので、ここでのゆとりもありませんでした。車を停めると、運転手はもうそこにいなければなりませんでした。同乗者は、ターミナルビルに入り、最後の買い物を楽しんでいたようでした。

  同乗者よりも一足早く乗船しました。確かに新しい船でした。なんか、わくわくしました。

  いよいよ北海道の旅が終わります。出航の時間です。いいもんだなあ。でも、以前見送りをしてくれていた大学生軍団は一人もいなくなり、ちょっとさみしく思いました。

  船の中では、また色々なイベントがありました。クイズラリーは、オレが風呂に入っている時に、一緒に申し込んでいてくれたようです。

  この船では、船長さんらしき人が、この船の解説をしてくれました。船の形状を変え、スピードが出るようになりました。とか、スクリューの大きさは5mとか。今の船はスタビライザーというものがついていて、ものすごく安定させているんだとか。勉強になりました。

  続いては、ビンゴ大会。今回もだれも当たらず。

Img_8005

  そして、パフォーマンスショー。往路のパフォーマンスも見たかったけど、船がかなり揺れていて、寝ていたので、今回は絶対に見たかったのでした。楽しませていただきました。

 たくさんの台風が近づく中、まだまだ日本海にはその影響も来ていませんでした。

 あっという間の船旅の終わりです。今回の北海道も十分楽しませていただきました。

 関越に乗って群馬県に入ったら、少しずつゆっくりになりました。赤城高原近くで、完全なる渋滞。赤城インターから下道を選んで無事に家に戻りました。

2019年8月12日 (月)

北海道旅行④

令和元年8月12日(月・祝)

 全くどうも、旅の中で一番疲れている俺なのに、どうしても早く起きてしまいます。困ったもんです。今日も4時前から目が覚めてしまいました。
 道の駅まで散歩に出かけてきました。

 8時ちょい過ぎ、会計を済ませ、宿を出ました。昆布なんぞをお土産にいただきました。そういえば、10年前にも、しゃぶる昆布をいただいたような気がしました。

 さあ、今日の走行距離は、400km。驚くべき距離なのです。ほぼ一日中運転していなければ目的地には着かないのです。ちょっと恐ろしくなりますねえ。

 途中の景色を見たり、天に続く道を走ったりと、前半は何とか楽しく運転できましたが、それもだんだんなくなり、「北海道らしい景色」も、だんだん当たり前になってきました。

Img_7965

 昼食は、紋別の漁師食堂。なかなか美味しい海鮮をいただきました。

 でも、そこから、まだ200kmもあるんです。200kmともなると、もう何も思考できなくなりました。それでも、あと100kmを切ったぞと喜び、あと50kmだとホッとし、あと20kmだとちょっと安心してきました。稚内市に入り、いよいよ感満載になってきました。

 そして、ついに宗谷岬に到着しました。さすがに観光地、こんな雨のなかでも人はたくさんいました。誰もがやっている、最北端のシンボルタワーのところで、写真を撮りました。

 そんな満足感満載の中、ホテルに向かいました。
 ちょっと落ち着いてから夕食を食べに行きました。
 スーパーの中のファミリーレストラン。
 朝食もここで購入。
 ホテルに戻って、入浴。

 娘との連絡を取っていきましたが、稚内近くでの大雨の影響で遅延のお知らせが出ていました。

 普通電車が運休との情報も入ってきました。そのうち、前の特急が鹿と衝突し大幅な遅れ。これじゃあ,もしかしたら到着が2時3時って事もあるかも……。もしかしたら、運転取りやめなんて事も……。最悪、真夜中にホテルを出て、旭川あたりに出なくちゃダメかも……。

 それでも運転取りやめの情報は出ませんでした。とりあえず駅に迎えに出ました。たくさんの車が止まっていたので、いずれもお迎えかと思いましたが、駅舎内に入っても誰もお迎えの人はいませんでした。

 そのうち、駅員さんが出てきて、遅延のお知らせの看板を掲示しました。やはり大雨のために遅延が発生し、40分の遅れが予想されるとのこと。どうする??ホテルに戻る??でも、ホテルに戻っても、また寝てしまいそうで、とりあえずここにて待機することにしました。

 そのうちまた駅員が出てきて、57分の遅れを掲示。到着は12時40分になるとのこと。もうこうなったら、とにかくここまで待とうと意を決めました。

 電車が入ってくる気配。

 電車が入ってきました。電車に乗っている人は、やはりごくわずか。それでも、降りてきた人は10人くらい??その中に娘もいました。15時間以上の長旅、お疲れ様でした。ホテルに案内したあと、明日も超長い運転があるので申し訳ないけど、すぐに寝ました。